みなさまの大切な思い出がいつまでも色あせないように、わたしたちがお手伝いいたします。


HOME > 2020奈良県フォトコンテスト

営業写真の部 知事賞 「こっちゃん」
島田健太郎(スミレ写真館・橿原市)

まず、子供らしさを捉えようと撮影しました。いい仕草の瞬間でシャッターを押せたと思います。また、アクセントライトをしっかり入れて立体感が出るようにライティングしました。配色も赤の椅子と黄色の服に対してピンクの靴が良いバランスになっているかと思います。
  

 家族写真の部 理事長賞 「この坂道を」
佐々木和則(小路谷写真館・奈良市)


おばあ様が主役の、ご家族のロケーション撮影です。
撮影場所の公園へ向かう時、坂道を楽しく会話されながら歩いてこられる姿に、思わずカメラを向けました。温和に微笑むおばあ様、優しく包むようなご家族。ファインダーの中に広がるご家族の温かさに、私も微笑みながら、静かにシャッターを押していました。

 学校写真の部 理事長賞 「一日の始まり」
山内 尚(マミフォート・橿原市)

毎日のありふれた風景ですが、朝早くからこども達の安全のために道路に立つ用務員さんをアルバムに掲載したくて撮影した1枚です。

 営業写真の部 入選1 「池のほとりで」
島田雅央(写真工房すみれ・広陵町)

近くの公園で、よく撮影する場所です。後ろの池や森の色が四季折々に変化し、ロケならではの写真が撮れます。ただ、大抵が逆光撮影になるため露出が難しいです。自然光のみで、ポーズは演出せず85ミリでシャッターチャンスを狙いました。

 営業写真の部 入選2 八百屋店主
胡内計孝(コウチフォート・斑鳩町)

タイトルにもありますが商店街の八百屋の店主さんです。ご本人らしい1枚をと店先での撮影をリクエスト致しました。撮影した瞬間の時間の切り取りではなく、長年営んでこられたご商売の感じがでるのではないかとモノトーンにさせて頂きました。

  営業写真の部 入選3 「先を目指して」
松元那々子(小路谷写真館・奈良市)

ハイハイができるようになったばかりで、まだ少し思うように進めないけれど、パパとママが呼ぶ方を一心に見つめ、手を前に前に出して一生懸命進もうとする気迫や、赤ちゃんの目線の先で呼んでいるパパママの存在を表現したくて撮った1枚です。

  家族写真の部 入選1 「やさしいおはなし」
潟沼宏美(あさひフォトスタジオ・生駒市)

やさしくおはなしする若いご両親の「愛おしい」という気持ちが、写ればいいなと撮影しました。

  家族写真の部 入選2 「みんな揃って」
内原誠美(写真のウチハラ・五條市)

みんなが揃った家族写真、全員の服装から明るい背景を選択してこのご家族の幸せ感を表現しました。背景紙の上で人を表現する写真館ならではの技法、これからも残しつつ新しい表現ができるように精進していきたいと思います。

  
  家族写真の部 入選3 「新緑の中で」
島田健太郎(スミレ写真館・橿原市)

ロケーション撮影をご希望ということもありましたが、まずはこの爽やかなペアルックを活かそうと考えました。背景はあまり日が当たっていない、影の部分を探し、深い緑に白い洋服を配置し、木漏れ日と右奥の抜の部分で立体感と奥行きを意識しました。

  学校写真の部 入選1 「きもちぃ~」
島田健太郎(スミレ写真館・橿原市)

季節感感じる自然なシーンです。カメラアングルも少し低くして前列の子供たちの表情を中心に撮影しました。

  学校写真の部 入選2 「ハカでクラス集合」
東 靖(あづまフォトスタジオ・広陵町)

卒業アルバムの写真は、できるだけその年ならではのネタを仕込むようにしています。ラグビーW杯が日本で開催されたということで、クラス集合はハカで決めてもらいました。

  学校写真の部 入選3 「勝利を目指して」
豊田光昭(光画園・桜井市)

学年関係なく先生も含め、勝利を目指して全力疾走する姿を残したかった。